コラム|西千葉で歯科・歯医者をお探しの方は
【西千葉パプリカ歯科クリニック】まで

  • 西千葉・西千葉パプリカ歯科クリニック・電話
  • 西千葉・西千葉パプリカ歯科クリニック・メニュー

銀歯はもう古い?治療跡の目立たない審美治療とは

こんにちは。
西千葉駅南口より徒歩2分、JR総武線の線路沿いにあります西千葉パプリカ歯科クリニックです。

「口の中の銀歯を、全部白い歯に変えたい」

最近このような患者さんが増えてきました。
理由は「見た目を良くしたい」ということだけではなく、銀歯のリスクが広く知られるようになってきたからでしょう。

そこで今回は、銀歯のリスクと治療跡を目立たなくしてくれる審美治療についてお話しします。

 

銀歯のリスク

銀歯は衝撃に強く、何より保険が適用されるので、ごく一般的なむし歯治療の素材としてこれまで広く使われてきました。しかし口の中で目立ってしまうだけでなく、長い間使っていると次のようなリスクがあることから、近年はあまり使われなくなっています。

・金属アレルギーを引き起こすことがある
・溶け出した金属によって歯ぐきが黒く変色しやすい
・むし歯が再発しやすい
・歯周病になりやすい

 

審美治療とは

審美治療は「口元を美しく見せたい」というご要望に応えるために、周りの天然歯になじむ白い素材を使って治療を行います。

自由診療になりますが、見た目が美しいうえに銀歯にありがちなトラブルが起きにくく、結果として長く使うことができます。

 

審美治療で使われるセラミック

審美治療で使われる代表的な素材がセラミックです。光沢や透明感があり、治療跡がわからないほど審美性に優れた修復物を作ることができます。

金属ではなく陶器なので、金属アレルギーになったり、歯ぐきが黒く変色してしまうこともありません。また、むし歯の再発リスクが低く、変色しにくいため、長く美しく使うことができます。

 

まとめ

今現在お口の中に銀歯がある方は、今すぐ取り換えなくてはいけないというわけではありません。
ただ、銀歯にはリスクがあること、とくにむし歯の再発リスクが高いことを自覚して、定期的に銀歯の下がむし歯になっていないかチェックするようにしましょう。

 

審美治療には、今回ご紹介したセラミック以外にもさまざまな素材・治療法があります。

西千葉パプリカ歯科クリニックでは、「銀歯を白くしたい」というご希望だけでなく、「前歯のすき間が気になる」「前歯が欠けてしまった」など、あらゆるお悩みに審美治療でお応えしています。何でもお気軽にご相談ください。