コラム|西千葉で歯科・歯医者をお探しの方は
【西千葉パプリカ歯科クリニック】まで

  • 西千葉・西千葉パプリカ歯科クリニック・電話
  • 西千葉・西千葉パプリカ歯科クリニック・メニュー

むし歯をどう治す?一般診療と審美治療の違い

こんにちは。
西千葉駅南口より徒歩2分、JR総武線の線路沿いにあります西千葉パプリカ歯科クリニックです。

むし歯で歯を削った場合、その部分を補う詰め物や被せ物が必要です。詰め物・被せ物などの修復物にはさまざまな素材があり、一般診療で使われるものと審美治療で使われるものでは異なります。

今日は、皆さまがご自分に合ったむし歯の治療法を選べるように、一般診療と審美治療の違いについてお話しします。

 

一般診療のむし歯治療

一般診療では病気を治して口腔機能を回復させることを目的に、「健康保険適用」の素材を使ってむし歯を治療します。
保険適用の素材とは、おもに銀歯またはコンポジットレジン(プラスチック)になります。

 

・銀歯
銀歯は治療跡が目立つだけでなく、金属の溶け出しによる金属アレルギーや歯ぐきの変色・むし歯の再発リスクから、強度が必要な奥歯以外にはあまり使われなくなっています。

 

・コンポジットレジン
コンポジットレジンは白いプラスチックなので、周りの歯になじみやすく、金属アレルギーの心配もありません。ただし、時間が経つと変色しやすい、割れることがあるなどのデメリットもあります。

 

・審美治療のむし歯治療

審美治療では、口腔機能を回復させて見た目も美しくすることを目的に、「自由診療」の白い素材を使ってむし歯を治療します。
自由診療の素材には、セラミックやメタルボンドなどがあります。

 

・セラミック
セラミックとは、茶わんやお皿に使われる素材と同じ陶材のことです。自然歯に近い白色で、光沢や透明感があり非常に審美性に優れています。また、変色しにくい、むし歯の再発リスクが低い、金属アレルギーの心配がない、長く美しく使えるなど、多くのメリットがあります。

 

・メタルボンド
メタルボンドとは、金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物のことで、金属の強度とセラミックの審美性をあわせ持っています。内部に金属を使用するため金属アレルギーの方には向きませんが、強い力のかかる奥歯にも使えて耐久性にもすぐれています。

 

ほかにもセラミックの一種である白い素材のジルコニアや、セラミックの薄いチップを前歯に貼り合わせるラミネートべニアなど、審美治療には患者さんの症状やご要望に合わせて、さまざまな素材・治療法あります。

 

納得できるまで医師とご相談を

一般診療は保険適用で比較的安価にむし歯が治せるぶん、治療法の選択肢が限られます。
審美治療は保険適用外になりますが、ご希望にあわせて審美性や耐久性を追求することができます。

どちらが向いているかは患者さまの価値観やご希望、お口の状態によりますので、納得できるまで歯科医師とじっくり相談しましょう。

西千葉パプリカ歯科クリニックでは、それぞれのメリット・デメリットを丁寧にご説明して、患者さまがご納得できるまで一緒に考えますので安心してご相談ください。